*

身体はチーム

公開日: : 最終更新日:2016/08/27 カイロプラティック, 健康

私達の身体は60兆個の細胞から出来ていると言われています。

そして、細胞が集まって組織となり、組織が集まって器官となり、器官が集まって生物となります。

細胞一つ一つにも役割があり、それぞれがその役割をきちんとこなすことで一つの機能体として動くことができます。

これを会社にたとえてみると細胞が社員、組織がプロジェクトチーム、器官が部署、生物が会社ということになってきます。

もしここで社員が手抜きをしたら誰かがその分しわ寄せを食らうわけである。それが短い時間ならば持ちこたえられるかもしれない。
しかし、長い時間放置するとしわ寄せを食らった社員のみならず他にも影響が出てしまうであろう。

そして、もう一つ重要なことがあります。これら一つ一つの細胞は個人で判断し動けるのだが、より上からの命令によって向かう方向が決まってくるということである。

社長が今年はこの方針でいきましょうと言った時にはそれに従うのである。しかし、この社長の命令はあまり社員たちの意向と離れてしまってはダメなのです。そうした場合、どっかに不具合、不満という形で全体として成り立たなくなってしまう。
なので、社長としては社員達を信用してその意向を聞く様な形で方針を決めていく必要があるだろう。

もう一度我々の身体に戻って考えてみよう。私達の身体もチームである。使いすぎはどこかにサボっているものがいるからである。
例えば胃が働き過ぎている場合、それは口が頑張っていない場合が多い。きちんと噛み砕き、唾液を分泌することで胃の仕事量を減らしてあげることができるのである。もっと言えば、匂いを嗅ぎ、食べたいなと思うことで胃に今から食べ物が行くから準備しといてねという信号を送ることができるのである。

筋肉でも同じである。ある部分が痛く張っている状態の場合他がサボっているからその筋肉が頑張らなくいけなくなってしまったということである。
しかしながら、私達は頑張っているものに対して頑張りすぎだよと薬で抑えたり、マッサージをしたりするわけなんですね。本当は何故そこがそんなに頑張らなくちゃいけなかったのかということを追求しなければいけないはずですよね。

だから、私達が行うべきことはサボりをなくしてやるべきことをそれぞれが行うことで全体として楽になるということである。
楽をするのは自分はいいかもしれないがどこかにしわ寄せがいき、それがまた自分に返ってきてしまうということである。

そして、自分身体にとっての社長である自分の意識は身体全体の声を聞きながらそれを元に方針をきめたら、あとは自分の身体を信じておまかせする。サボりがいないか監視をしてやることも大切です。

さらにマクロの目で見ると私達自身も地球から見ると細胞の様なものです。出来ることをちゃんとやっていくことで全体として調和がとれてきます。調和をとっていれば自ずと自分の役割が見えてきます。出来ることをできる時にやる。

D.D.Palmarはサブラクセーションを調和からの逸脱と言いました。

自分でサボりを監視するのは難しいです。気がつかないことが多い。アスリートやヨガをやられている方など身体の感覚に繊細になれば可能ですが最初は何が正常かもわからない状態です。

そこで私達カイロプラクターが調和からの逸脱がないか検査を行い、もしあればアジャストメントを行うのです。

第三者機関ですね。自分でなんとか出来ない場合は外部に頼む事も必要です。

しかし、できれば自分の力だけでなんとかできるようにしたいものです。

外に依存しすぎない事が大切にです。

そして、身体の声を聞いてあげて下さい。

The following two tabs change content below.

最新記事 by 濱口貴洋 (全て見る)

関連記事

no image

2017 明けましておめでとうございます。

新しい年が素晴らしい一年になりますよう皆様のご健康とご多幸を心よりお祈り申し上げます。今年もよろしく

記事を読む

cf0e9da6b48f2a54b373724747921fe2_s

手の痺れ

一概に手の痺れと言っても色々な原因があり、様々な症状があります。 その中でも代表的なものに手根

記事を読む

32e9287b20337c22246593bec4ff4427_s

脊椎すべり症

すべり症とは腰椎の下の椎体に対して上の椎体が前方に滑ったものです。 本来は関節が椎体の後方にあ

記事を読む

no image

夏休みのお知らせ

8月1日(火)~8月3日(木)は夏休みになります。 ご迷惑をおかけいたしますが、よろしくお願い

記事を読む

32e9287b20337c22246593bec4ff4427_s

椎間板ヘルニア

もうこの名前はみなさんご存知でしょう。腰痛の代名詞のようになっています。 ヘルニアとは脱出、突

記事を読む

no image

懐かしい仲間です。

  シルバーウイークのはじめに中尾さんが矯正を受けにきてくれました。 その後に

記事を読む

no image

創カイロプラクティック年末年始の予定

2017.11.28:年末年始は、12月29日(金)~1月3日(水)までお休みさせて頂きます。 ご

記事を読む

PPG_retoronasaikoro-thumb-autox1000-13399

動的平衡

私たちの身体は動き続けること、もしくは動きの中で平衡をとっています。これを動的平衡と言います。

記事を読む

be5925423cf8eb7a6f2a1566992c7946_s

痛み③

痛みの続きです。 痛みには急性痛と慢性痛があります。 急性痛の場合その痛いと感じる場所に

記事を読む

1226d5544a74f50b8bb576d58177d163_s

アジャストメントの及ぼす影響

カイロプラクティックのアジャストメントは局所の痛みや症状だけではなく離れた場所に対する影響があります

記事を読む

PAGE TOP ↑