*

頚性頭痛

公開日: : 最終更新日:2016/08/27 カイロプラティック

前回は偏頭痛・血管性の頭痛について書きました。

今回は頚性頭痛について書いてみましょう。

頚性頭痛とは首周囲の問題により頭痛になるものです。

血管性の頭痛では痛みの受容器が血管壁にありました。

つまり頚性頭痛では痛みの受容器は首にあります。

何が痛みの受容器になるかというと主に上部頸椎(後頭骨から第3頸椎)の関節、椎間板、靭帯、そして筋肉では後頭下筋群、胸鎖乳突筋、上部僧帽筋です。

これらの感覚は首の神経を通じて脳幹にある三叉神経核という部分に集まってきます。

そこには前回書いた頭蓋内の血管、そして硬膜などの感覚も入ってきます。

なので、首からの刺激が頭痛として感じられることなります。

これらからの刺激による頭痛は血管性のような拍動するような痛みはありません。

頭痛が出る前に肩こりや首のこりなどを感じる方は多くいますが、そういう場合は頚性頭痛の可能性が高いです。

また、三叉神経核には顎や眼の感覚神経も入ってきますので、そのあたりの問題により頭痛が出ることもあります。

このような頚性頭痛にはカイロプラクティックが非常に有効であるという科学的根拠も出ています。

痛みの受容器が刺激されると頭痛となって現れることがわかりましてが、次回はなぜ頭痛の原因になるような痛みの受容器が刺激されるのかということについてお話ししたいと思います。

 

 

 

 

 

The following two tabs change content below.

最新記事 by 濱口貴洋 (全て見る)

関連記事

no image

振替営業のお知らせ

誠に勝手ながら11月5日(土)はお休みにさせていただきます。 翌6日(日)に振替営業いたします

記事を読む

N811_oyatunojikanwosasutokei-thumb-1000xauto-14651

ものの見方は相対的

あらゆる問題はその問題が起きた時と同じ意識レベルでは解決できない アルバート・アインシュタイン 

記事を読む

26NJ_minnanisetumeisurukoukei-thumb-1000xauto-14017

身体はチーム

私達の身体は60兆個の細胞から出来ていると言われています。 そして、細胞が集まって組織となり、

記事を読む

MAX85_gominonakasagyou20141123131607-thumb-1000xauto-17943

刺激

私達は刺激の世の中で生きている。 刺激は何かから何かに変化させる。 変化があれば、私達はそれ

記事を読む

JSK542_boroboronoyousyo-thumb-1000xauto-15242

2月28日セミナーのお知らせ

2016年2月28日(日) ・ターグルリコイル 内容:ニーチェスト・サイドポスチャーでの

記事を読む

a88a9fc44fb190d6cfd60d6b616c3c50_s

腰痛

腰痛も肩こりと並んで現代人を悩ますものの一つですが、実は85%は原因が分からないと言われています。

記事を読む

N811_toridashitajyouzai_TP_V

薬を使用するメリット・デメリット

病気になると薬を飲んで治そうとしますが、一般的に薬とはどういうものかというものを理解されていないよう

記事を読む

no image

9月のお知らせ

9月23日(土)秋分の日は営業いたします。 9月30日(土)は誠に勝手ながらお休みいたします。

記事を読む

no image

6月予定

六月は通常営業いたします。 よろしくおねがい致します。

記事を読む

JSK542_boroboronoyousyo-thumb-1000xauto-15242

セミナーのお知らせ

2016年1月24日(日) ・ターグルリコイル ニーチェストのアジャストメントのデモンス

記事を読む

no image
9月のお知らせ

9月23日(土)秋分の日は営業いたします。 9月30日(土)は誠に勝

no image
夏休みのお知らせ

8月1日(火)~8月3日(木)は夏休みになります。 ご迷惑をおか

no image
臨時休業

誠に勝手ながら7月11日(火)の午後は臨時休業いたします。ご迷惑をおか

no image
6月予定

六月は通常営業いたします。 よろしくおねがい致します。

no image
ゴールデンウィーク

ゴールデンウイークは暦通り営業いたします。ただし4月29日(土)昭和の

→もっと見る

PAGE TOP ↑