*

肘の痛み

公開日: : 最終更新日:2016/09/15 カイロプラティック, 健康

肘の痛みで多いものは外側上顆炎と言われるものであり、テニス肘とも言われます。

テニス肘というだけあってテニスをするとなるんじゃないかと思うかもしれませんが、そうではありません。

テニスをやっていない方の方が多く見られます。

30〜50歳代の中年女性に多く、肘の外側に動作時が見られます。

どちらが肘の外側かというと手のひらを正面に向けた場合に体の外側(親指側)にあたるところです。

外側上顆という部分が炎症を起こすのですが、ここには幾つかの筋肉の付着部となっておりその筋肉が炎症を起こすのです。

その中でも、短橈側手根伸筋と総指伸筋という筋肉が障害されることが多いです。

これらは指や手首を伸展させる働きをします。

つまり、痛いのは肘なのですが手首や手の問題で肘に痛みが出ています。

テニス肘と言われる所以は、テニスのバックハンド時に痛めることが多かったからですが、他にも包丁の使いすぎや鍋を振る作業の繰り返しで痛めることもあります。

最近ではマウスの使いすぎによるものが増えてきています。

外側があれば内側(小指側)もあります。内側上顆炎といわれ、ゴルフ肘とも言います。

こちらは手首を屈曲させる働きをする、橈側手根屈筋、尺側手根屈筋という筋肉が何らかの影響で障害され炎症を起こすものです。

最終的に障害を受けるのは上に挙げた筋肉ですが、そこに負荷が集中するのには様々な要素が積み重なって起こります。

悪い動作の繰り返し、不良姿勢、手首のみならず肩や首の問題など。

これらの筋肉が使われる時に正しいポジションで使われないと障害は起こりやすくなります。

再発しないようにするためには、正しいポジションで使えるように戻していく必要があるのです。

局所の問題と全体の問題両方を考えていかなければいけません。

 

 

 

 

 

The following two tabs change content below.

最新記事 by 濱口貴洋 (全て見る)

関連記事

no image

7月の予定

7月は暦通り営業いたします。 8月1日(水)~3日(金)は誠に勝手ながらお休みいたします。

記事を読む

no image

夏休みのお知らせ

8月1日(火)~8月3日(木)は夏休みになります。 ご迷惑をおかけいたしますが、よろしくお願い

記事を読む

JSK542_boroboronoyousyo-thumb-1000xauto-15242

2月28日セミナーのお知らせ

2016年2月28日(日) ・ターグルリコイル 内容:ニーチェスト・サイドポスチャーでの

記事を読む

IMG_0010

整体との違い

カイロプラクティックをやっているとよく聞かれる質問に「整体との違いはなんですか?」というものがありま

記事を読む

no image

6月の予定

6月は通常通り営業いたします。

記事を読む

no image

懐かしい仲間です。

  シルバーウイークのはじめに中尾さんが矯正を受けにきてくれました。 その後に

記事を読む

cf0e9da6b48f2a54b373724747921fe2_s

手の痺れ

一概に手の痺れと言っても色々な原因があり、様々な症状があります。 その中でも代表的なものに手根

記事を読む

no image

年末年始のお休み

年末年始は、12月30日(木)~1月4日(水)までお休みさせて頂きます。 ご迷惑をお掛けします

記事を読む

06247972738502afa10dc766032ac2aa_s

外反母趾

外反母趾は足の親指の第2関節が内側に突出しそこに痛みが生じるものです。変形だけで痛みがない場合もあり

記事を読む

N811_oyatunojikanwosasutokei-thumb-1000xauto-14651

ものの見方は相対的

あらゆる問題はその問題が起きた時と同じ意識レベルでは解決できない アルバート・アインシュタイン 

記事を読む

PAGE TOP ↑