*

動的平衡

公開日: : 最終更新日:2016/08/27 カイロプラティック, 健康

私たちの身体は動き続けること、もしくは動きの中で平衡をとっています。これを動的平衡と言います。

人間は恒常性(体内の環境を常に一定にたもつ)がありますので、外部の環境を適切に感じながらそれに大きく影響されて体内環境が乱れてしまわないように保つ機能を持っています。

例えば、血液のphは7.4ですがこれはずっとph7.4で保たれているのではなくph7.35から7.45の間を行ったり来たりしているのです。

phが7.4を下回ってくると呼吸を多く深くすることによってphを上昇させます。二酸化炭素が血中に多くなると酸性に傾いてphが下がってきますので呼気によって二酸化炭素を排出しようとするわけです。

長期的な調整では腎臓で調整されるものもあります。

つまり、この入ったり来たりを体内で行うことによって私たちの体は保たれ活性化しているのです。

それと同じように筋肉や筋膜、靭帯などの結合組織も動くことで平衡を保っています。

つまり伸びたり、縮んだりすることによって組織の健康な状態を保っているということです。

現代人は日常生活の中で動くことが少なくなってきました。

動きが少なくなるとどのような影響が出るかお話ししますと、筋肉の収縮がなくなると固定化されて筋肉が短縮します。それが長期化してくると筋肉を包んでいる筋膜というものが短縮してきます。

筋膜が短縮してくると筋肉が正常な長さに伸びることができなくなり、その筋肉の本来の機能が発揮されなくなります。

さらに筋肉は関節にまたがって付いています。

筋肉の短縮が長期化してくるとその深部の関節周囲に着く靭帯が短縮してきます。

靭帯が短縮すると関節の動きが制限されます。

靭帯や関節センサーの役割をしていますので制限があるとそこからの信号が神経を伝わって脳に行かなくなります。

これが背骨で起こると神経の圧迫や神経を包んでいる膜の癒着となって神経伝達に影響を及ぼします。

さらに制限があることで代償の動きが生じて他の部位にも影響が及びます。

もっと長期化してくると靭帯や骨に変性や変形が起きてきます。

このように目に見える形の変化になるまでにはかなりの期間を要しています。

大切なのは影響が広がる初期の段階で止めることです。

だから私たちは動くことが大切で柔軟性があった方がいいのです。

それには日常的にマメに使うことが重要です。

スポーツはしなくてもいいので、エスカレータを階段にしてみるとか、掃除機を少なくして雑巾がけをしてみるとか、歩くときに背筋を伸ばしてみるとか些細なことで大丈夫です。

コツは大きい負荷を一気にかけるよりも小さい負荷をマメにかけてあげることです。

いろいろ書きましたが、要するに固定せずによく動けばいいのです。

カイロプラクティック学生の時に先生が教えてくれた健康の原則は

「与えられた機能をこまめに使う」

ということです。

足があるなら歩けばいい、口があるなら噛めばいい、脳があるなら考えればいい、目が動くのであれば動かせばいいということです。

当たり前のことですが全てを言い表しています。

 

 

The following two tabs change content below.

最新記事 by 濱口貴洋 (全て見る)

関連記事

be5925423cf8eb7a6f2a1566992c7946_s

頭痛の引き金になるもの

前回まではいくつか頭痛のお話しをしました。 共通するのは痛みの受容器が刺激されて痛いと感じると

記事を読む

JSK542_boroboronoyousyo-thumb-1000xauto-15242

2月28日セミナーのお知らせ

2016年2月28日(日) ・ターグルリコイル 内容:ニーチェスト・サイドポスチャーでの

記事を読む

IMG_0739

変換力

ようやく晴れましたね。 7月に入ってから昨日まで日照時間が12分だったそうで、梅雨と分かってい

記事を読む

no image

懐かしい仲間です。

  シルバーウイークのはじめに中尾さんが矯正を受けにきてくれました。 その後に

記事を読む

359839307b6f4ced3a53cfa06eaea0e3_s

頚性頭痛

前回は偏頭痛・血管性の頭痛について書きました。 今回は頚性頭痛について書いてみましょう。

記事を読む

no image

創カイロプラクティック年末年始の予定

2017.11.28:年末年始は、12月29日(金)~1月3日(水)までお休みさせて頂きます。 ご

記事を読む

no image

振替営業日のお知らせ

都合により、 10月8日(土)がお休みになります。 10月10日(月)体育の日に振替営業いたしま

記事を読む

be5925423cf8eb7a6f2a1566992c7946_s

痛み①

私たちのカイロプラクティック院には様々な痛みを抱えた患者さんがいらっしゃいます。 そこで今回か

記事を読む

no image

明けましておめでとうございます。

新しい年が素晴らしい一年になりますよう皆様のご健康とご多幸を心よりお祈り申し上げます。今年もよろしく

記事を読む

N811_toridashitajyouzai_TP_V

薬を使用するメリット・デメリット

病気になると薬を飲んで治そうとしますが、一般的に薬とはどういうものかというものを理解されていないよう

記事を読む

PAGE TOP ↑