*

脊椎すべり症

公開日: : 最終更新日:2016/08/27 カイロプラティック, 健康

すべり症とは腰椎の下の椎体に対して上の椎体が前方に滑ったものです。

本来は関節が椎体の後方にあるためそれがストッパーとなるため前方に滑ることはないのですが、それが何らかの原因でストッパーの役目を果たさなくなった状態です。

この原因によって大きく三つに分けることができます。

⑴先天性脊椎すべり症、⑵脊椎分離すべり症、⑶変性脊椎すべり症

このうち、⑵と⑶についてお話ししたいと思います。

背骨の前の部分を椎体といい後ろの部分を椎弓と言います。その前と後ろで囲まれた円柱の空間を脊柱管といいます。

そこには脊髄が入ります。

⑵の場合、分離すべり症の名前の通り何かが分離するわけですが、それは椎体と椎弓部分が分離するということです。つまり前と後ろが離れて前の部分だけが滑って行って後ろの部分が残される状態になるわけです。

原因としましては青年期の過度なスポーツや過度な伸展や屈曲の繰り返しによる疲労骨折によるものです。

症状としては腰痛や腰の不安定感、下肢痛や歩いていると足が重たくなってくるなどの症状があります。

⑶の場合は椎体と椎弓の分離がなく、前の部分と後ろの部分がそのまま滑ってしまうものです。

椎体が前方に滑ると脊柱管が狭くなってしまい、その中にある脊髄が圧迫されてしまいます。

分離の場合は椎弓が後ろに残っていますので脊髄の圧迫はほとんど見られません。

よって、変性すべり症の場合、分離すべり症よりも症状が広範囲にわたります。

腰痛や下肢痛、歩くと足が重たくなってくるのに加え、排尿障害なども出ることもあります。

どちらも腰を伸展させると辛く、屈曲させると楽になります。

なので仰向けで寝るのが辛くなります。その場合、股関節と膝を曲げてやると楽に寝ることができます。

骨が変形してしまったものをカイロプラクティックでは戻せませんが、その部分に負荷が集中するのを和らげたり、前後の筋肉のバランスをとることはできます。

本来は物質的に変化が出る前に対処していくことが大切なのですが、変形してしまったのならその中でベストな状態にしていく必要があります。

分離すべり症があっても症状がない方もたくさんいますので、構造的な変化が出ていてもその中でバランスが取れていたら問題ありません。

なので、すべり症があるからといって諦めるのではなくその中でいかに良い状態を保てるのかというところに主眼を置くと良いでしょう。

 

 

The following two tabs change content below.

最新記事 by 濱口貴洋 (全て見る)

関連記事

cf0e9da6b48f2a54b373724747921fe2_s

手の痺れ

一概に手の痺れと言っても色々な原因があり、様々な症状があります。 その中でも代表的なものに手根

記事を読む

JSK542_boroboronoyousyo-thumb-1000xauto-15242

営業時間のお知らせ

1月23日(土)は9時から16時までの営業になります。 1月25日(月)は太田は休み、濱口は通常通

記事を読む

1226d5544a74f50b8bb576d58177d163_s

アジャストメントの及ぼす影響

カイロプラクティックのアジャストメントは局所の痛みや症状だけではなく離れた場所に対する影響があります

記事を読む

915cf6bdb901c455f887e5af0ff9d6b9_s

肘の痛み

肘の痛みで多いものは外側上顆炎と言われるものであり、テニス肘とも言われます。 テニス肘というだ

記事を読む

be5925423cf8eb7a6f2a1566992c7946_s

痛み②

では、痛みというものがどういう風に起こるのかということを説明していきます。 複雑な話なので、わ

記事を読む

no image

6月予定

六月は通常営業いたします。 よろしくおねがい致します。

記事を読む

no image

振替営業日のお知らせ

都合により、 10月8日(土)がお休みになります。 10月10日(月)体育の日に振替営業いたしま

記事を読む

no image

ゴールデンウィーク

ゴールデンウイークは暦通り営業いたします。ただし4月29日(土)昭和の日は臨時営業いたします。

記事を読む

N811_toridashitajyouzai_TP_V

薬を使用するメリット・デメリット

病気になると薬を飲んで治そうとしますが、一般的に薬とはどういうものかというものを理解されていないよう

記事を読む

a88a9fc44fb190d6cfd60d6b616c3c50_s

腰痛

腰痛も肩こりと並んで現代人を悩ますものの一つですが、実は85%は原因が分からないと言われています。

記事を読む

PAGE TOP ↑