*

肩こり②

公開日: : 最終更新日:2016/08/27 カイロプラティック, 健康

前回は内臓からの関連痛についてお話ししました。

今日はよく見られる肩こりについてお話しします。

一般的な肩こりでは、上部僧帽筋、肩甲挙筋、首の伸筋群などと言われる筋肉の緊張が見られます。

筋肉には拮抗抑制という作用があり反する作用の筋肉が働くと反対側は弛緩します。

分かりやすい例をあげると肘を曲げる筋肉(上腕二頭筋や上腕筋)と肘を伸ばす筋肉(上腕三頭筋)は拮抗関係にあります。

肘を曲げる時、上腕二頭筋は収縮します。そうすると上腕三頭筋は弛緩して伸びなければ肘を曲げる事は出来ません。なので上腕二頭筋が収縮する時、上腕三頭筋に対して抑制がかかる事になります。これを拮抗抑制と言います。

難しい話が続きました。話を肩こりに戻しましょう。

先ほど上部僧帽筋、肩甲挙筋に緊張が見られると言いました。これらの筋肉は肩甲骨を上に上げる筋肉です。これらに緊張が見られるという事は拮抗関係にある肩甲骨を下げる筋肉に抑制または弱化が見られます。具体的には下部僧帽筋、前鋸筋という筋肉が弱化しやすくそのため肩甲骨は上がって見えます。

私達は筋肉が緊張しているとストレッチや揉みほぐして緊張を取ろうとします。

しかし拮抗抑制という見方で見ると緊張を取るためには拮抗筋を働かしてあげればいいのです。

つまり肩甲骨を中心に寄せつつ下げるという運動をすることで肩甲骨を上げる筋肉に対して抑制がかかり筋肉は弛緩します。

同じように首の後ろが凝るという場合は首の伸筋群が緊張をしています。

この場合首を曲げる筋肉(首の屈筋群)の弱化が見られます。

こういう場合は顎を引きながら巻き込むようにして首を曲げる運動をします。

これは少し難しいので自己流でやるよりもしっかりと正しいやり方覚えてからの方がいいでしょう。

間違ったやり方は効果がないばかりか、痛めてしまうこともありますので。

最後に肩こりと言うよりも背中の痛みですが、肩から肩甲骨の内側のコリがある場合は肩甲骨が外側に広がってしまっている事が多く見られます。

この場合、肩甲骨を内側に寄せる筋肉(中部僧帽筋、菱形筋)が弱化し、肩甲骨を外に広げ肩を巻き込んでしまう様な筋肉(小胸筋、大胸筋、鎖骨下筋)に緊張が見られます。

これは先ほどと同じ様に肩甲骨を内側に寄せつつ下げる運動をします。その際手の平、肘の内側を正面に向ける様に広げると更に効果的です。

元々今日あげた様な筋肉は弱化しやすいのですが、弱化してしまう原因は運動不足だけではありません。

神経伝達が悪くなってしまうことで筋肉は弱化を起こします。

その場合運動をしても元に戻ってしまいます。

まずは弱化を起こした原因を除去してもからの運動をすることで運動もしやすくなりますし、元に戻りにくくなります。

運動に関しては中々文章では分かりづらいと思いますので、お気軽にお聞き下さい。

The following two tabs change content below.

最新記事 by 濱口貴洋 (全て見る)

関連記事

no image

年末年始のお休み

年末年始は、12月30日(木)~1月4日(水)までお休みさせて頂きます。 ご迷惑をお掛けします

記事を読む

8043645a4bb319de838d80c7feee4377_s

肩こり①

肩こりでお悩みの方はかなり多いと思われます。 一口に肩こりと言っても訴える症状は様々で首が痛い

記事を読む

915cf6bdb901c455f887e5af0ff9d6b9_s

肘の痛み

肘の痛みで多いものは外側上顆炎と言われるものであり、テニス肘とも言われます。 テニス肘というだ

記事を読む

cf0e9da6b48f2a54b373724747921fe2_s

手の痺れ

一概に手の痺れと言っても色々な原因があり、様々な症状があります。 その中でも代表的なものに手根

記事を読む

2e0f6496449cf9ceec33889cce26c29b_s

頭痛

頭痛には様々な原因があります。 痛みは痛み受容器が刺激されて起こります。 受容器は頭蓋内

記事を読む

no image

振替営業のお知らせ

誠に勝手ながら11月5日(土)はお休みにさせていただきます。 翌6日(日)に振替営業いたします

記事を読む

PPG_retoronasaikoro-thumb-autox1000-13399

動的平衡

私たちの身体は動き続けること、もしくは動きの中で平衡をとっています。これを動的平衡と言います。

記事を読む

1226d5544a74f50b8bb576d58177d163_s

アジャストメントの及ぼす影響

カイロプラクティックのアジャストメントは局所の痛みや症状だけではなく離れた場所に対する影響があります

記事を読む

32e9287b20337c22246593bec4ff4427_s

椎間板ヘルニア

もうこの名前はみなさんご存知でしょう。腰痛の代名詞のようになっています。 ヘルニアとは脱出、突

記事を読む

06247972738502afa10dc766032ac2aa_s

外反母趾

外反母趾は足の親指の第2関節が内側に突出しそこに痛みが生じるものです。変形だけで痛みがない場合もあり

記事を読む

PAGE TOP ↑